IPFSとは何か?


IPFS(InterPlanetary File System)はProtocol Labsにより開発が進めれられているP2Pネットワーク上で動作するハイパーメディアプロトコルとその実装です。

現在のインターネットで主要なプロトコルであるHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)を補完または置換するプロトコルとして位置付けられ、コンテンツ指向型1のプロトコルであるところに大きな特徴があります。



HTTPはロケーション指向型プロトコル

例えば現在のインターネットで情報にアクセスする場合https://hogehoge.com/aaa/hello.htmlといったURLを指定してアクセスします。このURLの意味するところは、「hogehoge.comというホストサーバにあるaaaというディレクトリの中のhello.htmlというファイル」ということであり、つまりは取得したい情報がある「場所」(サーバの名前、ディレクトリの名前、ファイル名)を指定しているものです。このように欲しい情報が存在する「場所」を指定して情報にアクセスする方法は「ロケーション指向」と呼ばれ、HTTPはロケーション指向のプロトコルです。



ロケーション指向の弊害

このようなロケーション指向での情報へのアクセスは直感的にわかりやすいものです。しかし多くの弊害もあります。まず一つは「情報へのアクセス可能性を保つために管理者に大きな責任(負担)が生じる」というものです。例えば上記例でのhello.html内の情報へのアクセスは「hogehoge.com」のホストサーバの管理状態に依存してしまうことがわかります。hello.html内の情報に全ての人が恒常的にアクセスすることを可能にするために、サーバ管理者には、
24時間365日サーバーを安定稼働させなければならない。
アクセスの数が増えた場合にも遅延なく応答するためのインフラを準備しないといけない。
hello.html内の情報を改ざんされないように、不正アクセスを防ぐための対策を継続しないといけない。
hello.htmlをサーバから削除しない、またはファイル名を変更しないようにしないといけない。
といった責務が生じ、その負担は小さくありません。

このような責任(負担)の裏返しで、サーバ管理者に情報へのアクセスに関する全権力が集中するという弊害もあります。サーバ管理者は
情報へのアクセスを自由に禁止/制限できる。
情報へのアクセスに自由に課金できる。
情報を自由に削除できる。
情報を自由に改ざんできる。
というように、情報へのアクセスに関する全ての権力がサーバ管理者に集中してしまいます。

もちろん、情報の所有者がその情報へのアクセスを管理できることは、多くの場合で有意義なものです。しかし一方で、インターネットが発明されて以降、徐々にあらゆる情報はごく少数の巨大サービスに集中し始めています。例えば個人間の社会的繋がりや日々の行動などがfacebookに莫大なデータ量が蓄積され管理されています。

また情報アクセスへの制限は、サービス(サーバ)管理者だけでなく例えば国家によってもなされる場合があります。

インターネットが発明されて以来数十年の間、ロケーション指向の情報アクセスはうまく動作してきたように見えます。しかしインターネットの発展と共に、上記のようにロケーション指向による弊害やリスクといったものが少しずつ顕在化してきています。